2006年10月09日

イングランド:ヘーゼルメアのクリームティー

旅行記を除くグルメ・ネタとしては初の海外編♪

…と言っても、もちろんイングランドへ行ったワケではなく(^^;)
10/10(火)まで開催中の、うめだ阪急“英国フェア2006”で食べたモノ黒ハート

英国政府観光局のサイト≪ここでは“ヘイゼルミア”と呼んでいますが≫によると…

ヘーゼルメアは、湖水地方で有名なイングランド北西部・カンブリア州の海辺の町、
グランジ・オーバー・サンズにあるカフェ&ベーカリーで、
英国ティー・ギルド協会が選ぶトップ・ティー・プレイス・アワードの
2006年度No.1に輝いたとのことぴかぴか(新しい)

昨年出展した、キング・ジョンズ・ハンティング・ロッジのクリームティーも
なかなかハイレベルだったので、今年も是非るんるんと、
10/8(日)、つまり昨日のランチタイムに狙いを定めたのですが…

9:30に予約したヘアカットサロンで、何とexclamation3時間以上もかかってしまいふらふら
大慌てで13:10に駆けつけると、順番待ちの方が2組もうやだ〜(悲しい顔)
次の予定を考えると、どうしても梅田を14:00までには出たかったのと、
お昼どきということもあって、間に合うかどうかハラハラしましたが、
意外にも10分ほどで席に通され、無事ありつくことができました黒ハート

Gourmet061009-01.jpg Gourmet061009-02.jpg Gourmet061009-03.jpg

これが、そのクリームティー黒ハート

サクッと焼けた表面に、中の生地はしっとりのドライレーズン入りスコーンと、
さらりとして口ざわりの良いクロテッドクリーム、
それに、ダムソン(プラムの一種)のジャムは、
オーソドックスでクセのない紅茶(オリジナルのセイロンティー)との
相性バッチリで、ロシアンティーにして飲みたいくらいハートたち(複数ハート)

欲を言えば、冷めたスコーンではなく、焼き立てを食べたかったのと、
 ≪焼きたてスコーンは、ティールーム前のカウンター販売へ直行でしたたらーっ(汗)
昨年に比べると、スコーンがやや小ぶりに感じたのですがあせあせ(飛び散る汗)
ポットサービスでカップ3杯分、ストレートにミルクティーと味わううちに、
お腹がいっぱいになってきたので良かったでするんるん
posted by Search-A at 03:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25115675
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。