2008年11月12日

大相撲九州場所:4日目の主な取組結果

右下腿三頭筋筋挫傷、左上腕三頭筋筋挫傷の診断を受けて、本日より休場の魁皇…(ToT)

千代大海と並んでワーストタイとなる12回目のカド番で、
初場所に進退をかけて挑むことになったとは言え、加療4週間とのことですのでねぇ…

何とか治療に専念して、最後にもう一花咲かせていただきたいものですわぴかぴか(新しい)

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

【大相撲九州場所:4日目の主な取組結果】

● 安馬 2勝2敗 はたき込み 豪栄道 1勝3敗 ○
豪栄道の左からのはたきに右手が砂を掃いてしまい、思わず首をひねる安馬、
下位相手の序盤戦で痛い2連敗を喫し、早くも大関取りに黄信号ふらふら

○ 千代大海 2勝2敗 押し出し 北勝力 1勝3敗 ●
自身の左vs相手の右の “のど輪攻め合戦” は、千代大海の威力とリーチ勝ちあせあせ(飛び散る汗)

○ 琴光喜 3勝1敗 押し出し 普天王 0勝4敗 ●
終始突き放しての右おっつけで、琴光喜が普天王を圧倒ダッシュ(走り出すさま)

○ 豊ノ島 3勝1敗 押し出し 琴欧洲 1勝3敗 ●
ふわっとした立ち合い&四つ相撲か?突き押しか?迷いが見られる琴欧洲、
小兵の豊ノ島を懐に呼び込んでしまい、「また敗れました」とは情けなやもうやだ〜(悲しい顔)

○ 白鵬 3勝1敗 寄り切り 若の里 3勝1敗 ●
浅い二本差しで土俵際へ詰め寄る白鵬、
若の里の左突き落としに両者の身体が飛び、物言いの結果、間一髪の勝利あせあせ(飛び散る汗)

…というワケで、今日は三保ヶ関審判長の美声で打ち止め〜るんるん
posted by Search-A at 23:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Sports 【SUMO】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109597380
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「休場」に 鳴き声高し 閑古鳥
Excerpt:  平成二十年十一月(九州)場所(於・福岡国際センター)は、四日目。  今日から魁皇が休場。ただし、昨日が“最後の相撲”の可能性も捨て切れないという。   日本相撲協会「本場所情報」   銀河大角..
Weblog: 銀河後悔日誌
Tracked: 2008-11-13 23:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。