2007年04月30日

ウィーン版ミュージカル「エリザベート」大阪公演観劇記≪その3≫

あっという間に1ヵ月が過ぎ、
今日はウィーン版ミュージカル「エリザベート」の大阪公演千秋楽…(;o;)

…というワケで、もちろん(^^;)3度目の観劇に行ってきました♪

流石に千秋楽ということで、某巨大BBSあせあせ(飛び散る汗)によると、
当日券34枚に対し、8:30の時点で50人近く並んでいたそうでがく〜(落胆した顔)
ワタシが開演20分前に劇場へ着いた時も、
手書きで “チケット●枚求む” と、掲げている方もいらっしゃったんですが…

慌しくも開演前に欠かせないあせあせ(飛び散る汗)キャスティングボードのチェックへ行くと、
今回のメイン・キャストも予想通り…

Musical070430.jpg

これでワタシが観た3回は、全てファーストキャストの御出演で黒ハート

今回の皇太子ルドルフ(子役)は、初日にもキャスティングされて
注目の Daniel Eckhoff くんでしたが、それはもぅ〜可愛くて可愛くてハートたち(複数ハート)
見た目も歌も、全てにおいて納得できる出来は流石でしたるんるん

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

さて、場内はぎっしり満員の中、今回3度目にして初の1階席での観劇るんるん

結婚式後の舞踏会で踊るフランツ&エリザベートや、
“闇が広がる” での後方のアンサンブル(コーラス)といった、
3階B席で見切れていたシーンが、1階席ではちゃんと見えた上に、
前列との段差がしっかりあって、もぅ〜観やすいのなんのって黒ハート

それに、キャストの演技や視線が1階席だとダイレクトに伝わってきて、
≪特に、皇太后ゾフィー(Christa Wettstein)の威圧感はスゴかった…あせあせ(飛び散る汗)
もう少し前列なら良かったんですがたらーっ(汗)やっぱり1階席で観て良かったと黒ハート

もちろん、キャストの方々の気合いの入った熱い演技に、
客席もそれに応えての拍手&歓声と、ますます盛り上がる場内グッド(上向き矢印)

特に “最後のダンス” と “私だけに” ではショーストップするほどでしたし、
1幕ラストのエリザベート登場シーン≪通称 “見返り美人” ≫では場内大拍手、
2幕のハンガリー国王戴冠式では、キャストに合わせて
客席でも白いハンカチを振る方も多くいて、「ここはウィーンかexclamation&question」と思うほどあせあせ(飛び散る汗)

エリザベートからトートへのネックレス投げ&トートからルキーニへのヤスリ投げも、
今回はともにキッチリ決まって、本当に良かったです黒ハート

…それと、前回観劇のおさらいあせあせ(飛び散る汗)

2幕でルキーニが歌う日本語歌詞で、聞き取りながらも忘れてしまったたらーっ(汗)
「●●●●●●●」は、「夜の街へ繰り出す」でしたるんるん

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

【この後のカーテンコールについては、
                    作成途中につき、続きは後日UPします】
posted by Search-A at 23:59| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Musical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

“昭和の日” って…

昨年まで、4月29日は “みどりの日” で、5月4日が “国民の休日” だったのを、
今年から、4月29日を “昭和の日” に改め、“みどりの日” を5月4日にしたとのこと…

そう言えば、1月の読売新聞1面に掲載された政府広報を読んで、
「これといった議論もしていないのに、いつの間に…」という思いと、
ノスタルジーに満ち溢れた文面に、正直言って閉口してしまったんですが…ふらふら

「ゴールデンウィークだし、休日になるなら何でもイイわるんるん」なんて方々も多いでしょうしあせあせ(飛び散る汗)
自らの行動を省みず “美しい国、日本” なんて平気で言っている
厚顔無恥な政治家政治屋連中のことですから、
この調子で、現在の天皇誕生日=12月23日も “平成の日” になるするのでしょうが…

今、「明治や大正の時代を顧み…」 と言われても「…??」なのと同様、
数十年後、平成生まれが国民の大半を占める時代になったとき、
「“昭和の日” って…??」なんてことになると思うんですけど…ねぇ?
posted by Search-A at 23:55| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

林家木久蔵の新芸名、“林家木久扇(きくおう)” に決定

今年9月に真打ち昇進する長男の林家きくおに現在の芸名を譲り、
落語界初の親子ダブル襲名披露に向けて、
日本テレビ系「笑点」で公募していた林家木久蔵の新芸名が、
今日の同番組公開録画≪5/6(日)放送予定≫で発表され、
“林家木久扇(きくおう)” に決定したとのことでするんるん

ワタシも、“幾久しく” から考えた “幾久蔵(いくぞう)” と、
悠久” にちなんでの “悠久蔵(ゆくぞう)” の2つで応募したんですけれど、
見事に賞品≪木久蔵ラーメン一年分(365食)≫をもらい損ねてしまいましたわあせあせ(飛び散る汗)

今になって考えれば、ニックネームの「木久(きく)ちゃん」は変えられませんから、
“蔵” の字だけを考えれば良かったんですがたらーっ(汗)
“木久翁” じゃなくて “木久扇” とは、流石に思いもつかなかったなぁ〜とあせあせ(飛び散る汗)

でも、老けたイメージの “翁” より
“扇” の方が華やかな感じで、なかなかイイんじゃないでしょうか?
posted by Search-A at 23:56| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

占いシリーズ第10弾:期間限定!ゲゲゲの鬼太郎 妖怪占い

4/28(土)から劇場公開の実写映画版「ゲゲゲの鬼太郎」にちなんで、
Yahoo!映画でも5/20(日)まで特集が組まれていますが、
そこで見つけたのが、6/11(月)まで掲載の “ゲゲゲの鬼太郎 妖怪占い” (^^;)

なんでも、中国に古くから伝わり、
驚異的な的中率で「占いの帝王」といわれる四柱推命が基本だそうでるんるん

生年月日によって割り出された運命数から、
さらに性格・運勢別に分けられた妖怪のタイプは…

   善人⇔偽善者の “鬼太郎
   リーダー⇔独裁者の “目玉おやじ
   嘘つき⇔知恵者の “ねずみ男
   旅人⇔ナルシストの “一反もめん
   哲学者⇔役立たずの “ぬりかべ
   悲観主義者⇔老人の “子泣きじじい
   姑⇔常識人の “砂かけばばあ
   ギャル⇔自分勝手の “猫娘
   色事師⇔ジェントルマンの “吸血鬼エリート
   天才⇔奇人変人の “悪魔くん
   魔術師⇔誇大妄想の “メフィスト
   サラリーマン⇔一般大衆の “死神

…の全12種類黒ハート

占いによると、ワタシ自身は “猫娘” だそうですが、
一人でいるのが大嫌いな寂しがり屋 ” ではないし、
他妖怪に対する好奇心が旺盛 ” や “パッと散財。でも、おごられ上手 ” でもないし…たらーっ(汗)

ひとつに絞り切れませんがあせあせ(飛び散る汗)鬼太郎” か “目玉おやじ”、
はたまた “子泣きじじい” か “砂かけばばあ” かなぁ…?
posted by Search-A at 23:57| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fortune | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

e+(イープラス)でウィーン版「エリザベート」
マヤ・ハクフォート1000回公演カーテンコールの動画配信!

…まだまた続くウィーン版「エリザベート」ネタですが(^^;)

4/23(月)に投稿した、
祝!マヤ・ハクフォート「エリザベート」1000回公演達成!!” に続き、
当日のカーテンコールの模様(動画)独占インタビュー(写真入り)
e+(イープラス)のサイトにUPされていますexclamation×2 \(^o^)/

舞台&客席の熱気がそのまま伝わってくるかのようなカーテンコールでしたが、
「多分エリザベートを演じるのは、この日本公演が最後になるでしょうけど」とのコメントに、
想いはフクザツですけれど…もうやだ〜(悲しい顔)

…最後の最後まで、Mayaさんのエリザベートをしっかり見届けたいと思っています黒ハート
posted by Search-A at 23:59| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | Musical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

大阪・なんばの新歌舞伎座、2010年夏に上本町・近鉄劇場跡地へ移転

朝日新聞産経新聞サンケイスポーツデイリースポーツで既報の通り、
大阪・なんばの新歌舞伎座が、2010年夏に
上本町の近鉄劇場跡地に建設される複合ビルへ移転するとのこと…

但し “新歌舞伎座” と言っても “歌舞伎” とは名ばかりの劇場でたらーっ(汗)
演歌系歌手が座長を務める、芝居&歌謡ショーの “歌手芝居” が中心なので、
ワタシも1988(昭和63)年12月の「王様と私」以来、すっかりご無沙汰なんですが…あせあせ(飛び散る汗)

一方、3年前≪2004(平成16)年≫に閉鎖した上本町の近鉄劇場は、
ブレイク前の米米CLUBコンサート≪1986(昭和61)年4月≫をはじめ、
劇団四季の「オペラ座の怪人」≪1989(平成元)年3月≫や「李香蘭」≪1992(平成4)年2月≫、
そしてOSK日本歌劇団の解散公演「Endless Dream」≪2003(平成15)年5月≫と、
いろいろと思い出深い劇場でしたから、
たとえ跡地の複合ビルとは言え、“公演内容は従来通り” の新歌舞伎座が移転とは…ねぇたらーっ(汗)

同じ “歌手芝居” を中心に興行しているコマ・スタジアムが、
2年前≪2005(平成17)年3月≫に大阪・梅田から経営撤退した今、
大阪を代表する繁華街のキタ(梅田)やミナミ(なんば・心斎橋)、
ましてやアベノ・天王寺よりも規模が小さい上本町で、現状通りやっていけるのか??
どう考えても疑問しか残らないのですが…たらーっ(汗)
posted by Search-A at 23:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

祝!マヤ・ハクフォート「エリザベート」1000回公演達成!!

す〜っかりウィーン版ミュージカル「エリザベート」にハマって、
他のことが考えられなくなっているワタシですが…(^^;)

梅田芸術劇場公式ブログスポニチ大阪版でも既報の通り、
この来日公演のタイトルロール=マヤ・ハクフォート(Maya Hakvoort)
1994(平成6)年7月のウィーン版初主演から数えて、
4/22(日)夜の部で1000回公演を達成されたそうでするんるん

ちなみに、日本=東宝版でエリザベート役を務めている一路真輝は、
2000(平成12)年6月6日の初演(東京・帝国劇場)から、
昨年5月24日の東京・日生劇場公演で600回出演を果たされましたが、
長年に渡ってひとつの役を演じ続けるって、本当にスゴいことだと思いますし…

かく言うワタシも、1000回御出演のうち5回拝見させていただきましたがあせあせ(飛び散る汗)
ウィーンから遠く離れたここ日本で、その記念すべき日を迎えることができて
さぞかし感無量だったんじゃないかなぁ…と思います黒ハート

快挙達成、本当におめでとうございますexclamation×2
posted by Search-A at 23:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Musical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

名古屋御園座地下食堂街: フードカフェぽてとはうすの二十穀米ぞうすい

久々にクリーム以外の(^^;)グルメ・ネタ♪ 今回は…

Gourmet070422-01.jpg Gourmet070422-02.jpg Gourmet070422-03.jpg

名古屋御園座地下食堂街にあるフードカフェ・ぽてとはうすの二十穀米ぞうすいでするんるん

“ぽてとはうす” という屋号から、
ポテト料理中心のお店と思い込んで今まで避けていた、大のイモ嫌いのワタシあせあせ(飛び散る汗)

メニューの写真を見ても、茶がゆかお茶漬けかと思っていたんですがあせあせ(飛び散る汗)
見た目より意外と器が深くて量のあるぞうすいは、
貝柱と昆布の出汁がよく出ていて、雑穀米独特の口当たりを全く感じさせず、
濃い目に味付けられた7種類の野菜の煮物と、
とても酸っぱいけれどあせあせ(飛び散る汗)ガリ梅&しば漬けが良いアクセントで黒ハート

…幕間休憩にふさわしく、ホッとひといきできる味に仕上がっていましたねるんるん

ちなみにこのお店、後で調べたところ、
三重県津市の百貨店 “松菱” を含めて市内に2店舗構えていて、
この御園座が3号店とのことです黒ハート
posted by Search-A at 23:57| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

ルカス・ペルマン、中川晃教(第2部)/マジャーン・シャキ(第1部)とコンサートに出演!

マジャーン・シャキ(Marjan Shaki)の公式サイト≪NEWS≫に
「ルカスと大阪で2回コンサートを行う」とありましたが、
昨日≪4/20(金)≫、梅田芸術劇場より正式発表がありました!

題して、“ルカス・ペルマン×中川晃教コンサート「美しい男には毒がある」黒ハート

第1部は、ウィーンの大ヒット・ミュージカル “ロミオ&ジュリエット” の主演コンビ、
ルカス・ペルマン(Lukas Perman)&マジャーン・シャキ(Marjan Shaki)が
「モーツァルト!」「レント」「レ・ミゼラブル」「ロミオとジュリエット」≪予定≫などの
珠玉のミュージカル・ナンバーを歌う
「Lukas Perman & Marjan Shaki From “Romeo & Julia”」 るんるん

現在、ウィーン版ミュージカル「エリザベート」
皇太子ルドルフ役とヘレネ(エリザベートの姉)役で御出演中の
ルカス&マジャーンですが、おふたりの公式サイトによると、
来年上演されるミュージカル「ファントム」では、ルカスは予想通りあせあせ(飛び散る汗)フィリップ伯爵役、
マジャーンもファントムの母親(ベラドーヴァ)役で御出演とのことるんるん

一方、第2部は中川晃教が選曲・構成・演出を手がける 「DRAMA CITY」 るんるん
 “運命に引き寄せられた2人の男。
  1人が扉を開けたとき、2人の男の感情が交錯する。
  情熱と冷酷、そしてそれぞれの抱える問題。
  そんな2人のいつもの口癖 「Everything is be all right!」
” と、
あっきー&ルカスの “美しい男” によるドラマタッチの舞台が展開されそう黒ハート

しかし、マジャーンのサイトにあった
“einem sehr beliebten japanischen Musical-Kollegen
               (非常に人気のある日本のミュージカル俳優)” って、
あっきーのことだったんですね黒ハート
もぅ〜何だか夢のようで、本当に嬉しい&楽しみですexclamation×2
posted by Search-A at 03:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Musical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

宝塚音楽学校第95期生入学式

3/30(金)の合格発表を経た昨日≪4/19(木)≫、
宝塚音楽学校第95期生45人の入学式が行われ、
憧れのタカラジェンヌへ向かっての第一歩を踏み出しました☆彡

なお、Webニュースでは…
  NHK ≪Windows Media PlayerReal Player
  毎日放送 ≪Windows Media PlayerReal Player
  朝日放送 ≪Windows Media PlayerReal Player
  関西テレビ ≪Web動画は無しですもうやだ〜(悲しい顔)
  よみうりテレビ ≪Windows Media Player

  朝日新聞毎日新聞読売新聞産経新聞日本経済新聞【記事のみ】、神戸新聞
  スポーツニッポン日刊スポーツ【記事のみ】、スポーツ報知
  サンケイスポーツZAKZAKデイリースポーツ …と、ほぼ写真付きで速報されていまするんるん
posted by Search-A at 01:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

NHK教育テレビ「ドイツ語会話」&新宿コマ劇場のHPで
ウィーン版ミュージカル「エリザベート」大阪公演の模様を紹介

梅田芸術劇場のブログで予告されていた通り、
昨日の生観劇から間もない0:16から0:23までの約8分間、
NHK教育テレビ「ドイツ語会話」の1コーナー
“Musik!ドイツ語圏の企業探訪・イベント紹介” で
ミュージカル「エリザベート」大阪公演が採り上げられまして…

   私だけに
   不幸の始まり
   夜のボート
   エリザベート、開けておくれ
   パパみたいに(リプライズ)
   ミルク
   死の嘆き
   私が踊る時
   最後のダンス
   暗殺
   ヴェールが降りる(愛のテーマ)

…の舞台映像をOn AirTV

先日の「ぐるっと関西プラス」≪関西ローカル≫に比べ、
タイトルロールを務めるマヤ・ハクフォート(Maya Hakvoort)への
単独インタビューを交えていたせいか、アカデミックで落ち着いた内容でしたね黒ハート

なお、再放送は4/23(月)の朝6:00〜6:25ですので、
今回残念ながら見逃した方は、こちらをチェックして下さいねるんるん

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

…と、ここで記事を終えるつもりだったのですが、
ふと、東京・新宿コマ劇場のHPを見ると…何とexclamation
東京公演のイメージ映像として、
大阪公演のダイジェスト動画がUPされているではありませんかexclamation×2

NHKの2番組に比べて約3分間と短いですが、
それはそれはとてもコンパクトに凝縮されていて、
DVDで買いたいくらい、もぅ〜本当に素晴らしい出来映え黒ハート

「エリザベート」に興味がある方はもちろん、
出来ればそうでない方もあせあせ(飛び散る汗)是非是非ご覧になって下さいねexclamation×2
posted by Search-A at 23:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Musical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

ウィーン版ミュージカル「エリザベート」大阪公演観劇記≪その2≫

3/31(土)のMy初日から18日が経ち、
今日は18:30から梅田芸術劇場で、2度目のウィーン版「エリザベート」観劇♪

ただ、今公演では唯一の平日ソワレ観劇で、
「今日は2回公演だし、セカンド・キャストになるかも…」と、
恐る恐るあせあせ(飛び散る汗)劇場入口のキャスティングボードを見てみたら…

Musical070418.JPG

皇太子ルドルフ(子役)を除いて、前回と同じくファーストキャストの御出演で黒ハート

実は、前回観劇の出待ちの際に、「18日に出る」と言っていたTomohiroくんに、
「ワタシ、この日ソワレを観るんですけど、どちらに御出演ですか?」と尋ねたところ、
御本人・親御さんともども「…どうだったかなぁ?」という返答だったんですがあせあせ(飛び散る汗)
声量&歌詞の明瞭さ、それに健気さと可愛さでは前回のKasey McDougallくん、
見た目の皇太子らしさ&ドイツ語の発音、そしてひ弱さあせあせ(飛び散る汗)ではTomohiroくんという印象黒ハート

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

さて、最後尾ではないもののあせあせ(飛び散る汗)今回のワタシの席も3階B席センターで、
ぎっしり満員のB席に比べ、A席の空席の多さにはキャストの方々に申し訳なく思うほどもうやだ〜(悲しい顔)

その上、1幕では前列の客が思いっ切り前のめりになってワタシの視界を遮るので、
「背もたれに背中をつけて観てもらえませんかexclamation&question
          でないと、見えないんですexclamation」と、背中を突付いて言ったんですが、
 ≪しかもその客、2幕では何とexclamation×2空いているA席に移って観ていたという…がく〜(落胆した顔)
               まぁ、ワタシは却って視界が良くなり、スッキリしましたけどあせあせ(飛び散る汗)
一方では、聴かせどころの “私だけに” で、隣席の客が携帯メールをチェックするわと、
 ≪上演中に非常識だし、余計な光が目に入って邪魔なんですよねふらふら
あまり舞台に集中できなかったんですけれどもうやだ〜(悲しい顔)

2幕では、金管楽器がカマすこともなくあせあせ(飛び散る汗)ようやく落ち着いて観劇できましたし、
ウィーン版の来日公演実現に、ただただ感動してしまった前回よりも、
今回は免疫ができたおかげであせあせ(飛び散る汗)作品そのものを楽しめた感じでるんるん
「フランツ(Markus Pol)は、皇帝らしい風格が出てきたなぁ」とか、
「ルキーニ(Bruno Grassini)って、意外と着やせするタイプなんだなぁ」などと思ったりあせあせ(飛び散る汗)

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

…そうそうexclamationルキーニが2幕で歌う日本語歌詞
「貴族の殿方お好みは 清く正しく美しく〜るんるん」の続きを
何とか聞き取ろうと試みたところ…

 「男を狂わせ虜(とりこ)にする ●●●●●●●
  ウィーンにはさまざま劇場が あるが今はオフシーズン
  宮廷バレリーナに飽きたなら マダム・ヴォルフのサロンるんるん

「●●●●●●●」の部分を忘れてしまったので、それは次回に改めて…あせあせ(飛び散る汗)

エリザベートがトートにネックレスを投げつけるシーンと、
トートがルキーニにヤスリ(エリザベート暗殺の凶器)を投げるシーンは、ともにキャッチ失敗たらーっ(汗)
ヤスリはルキーニがすぐに拾いましたが、
ネックレスは跳ね橋の上に落ちたので、歌が終わってからトートが拾ってましたあせあせ(飛び散る汗)

そして、今回特に嬉しかったのは、
有名な肖像画を彷彿させる1幕ラストのエリザベート登場シーンで、
アン・デア・ウィーンで観るのと同様に客席から拍手が起こったことと、
前回は3回だったカーテンコールが、今回は4回目に “パパみたいに” のセットから、
トート・エリザベート・ルキーニ・フランツ・ゾフィ・ルドルフ・ルドヴィカ・マックス・
エステルハージー伯爵夫人(=女官長)の順で、それぞれ手を繋ぎ一列になって登場ハートたち(複数ハート)

最後にエリザベート(Maya Hakvoort)が
「いらっしゃいexclamation」とばかりにトート(Mate Kamaras)をグイッと引っ張り、
Mateが「アタタタ…ふらふら」という表情だったのが、これまた笑えましたわあせあせ(飛び散る汗)
posted by Search-A at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Musical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

谷村新司NEWアルバム発売記念ライブ「オリオン13」大阪公演鑑賞記

今夜は、5ヶ月ぶりとなる谷村新司のライブ♪

昨日≪4/16(水)≫の東京公演に引き続いて行われた
NEWアルバム発売記念ライブ「オリオン13」” 大阪公演を観てきました黒ハート

しかし、ライブ告知が2ヶ月前、チケット発売が1ヶ月前とは、正直言って「遅いなぁ…」とたらーっ(汗)

この時点で、既にライブ翌日の夜の予定が決まっていたこともあり、
「2夜連続はキツいから、今回はパスしようか…」との思いを覆したのが、
直前に舞い込んできた¥7,500⇒¥3,000の
e+(イープラス)チケット限定数特別割引販売黒ハート
これで、東京・大阪公演限定CD付きならるんるんと、行くことにしたのでしたあせあせ(飛び散る汗)

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

【セットリスト】

 1. ココロノジカン (★)
 2. おまえ
 3. 走っておいで恋人よ
 4. 旗を立てる (★)
 5. オリオン13 (★)
 6. ミクロのテーマ (★)
 7. イリス (★)
 8. Heart in Heart (★)
 9. わかれの詩 (★)
 10. さくら (★)
 11. River of Life (★)
 12. いい日旅立ち
 13. 風の暦 (★)
 14. 花 (★)
 15. 昴
 16. サライ ≪アンコール≫
 17. 旗を立てる (★)〜花 (★)※サビのみ※ ≪アンコール≫

 【(★)=「オリオン13」収録曲、
  “ココロノジカン”&“わかれの詩〜さくら”=with Piano & Keyboard、
  “おまえ”&“いい日旅立ち〜昴”=with Piano 
          ≪“おまえ”=Piano&谷村新司ギター(ギブソン)≫
  “走っておいで恋人よ”=谷村新司ギターソロ(ギブソン)
  それ以外はフルバンド編成(↓)&谷村新司ギター(モーリス12弦)
  (Piano、keyboard、Guitar×2(エレキ/アコースティック)、Bass、Drum)】

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

何せ割引価格だから、最後尾もしくはステージが見切れる席かと思っていたら、
横長のステージに向かって中央上手寄りブロック&
スタンド中央通路のすぐ後ろで、何だか申し訳ないくらい見やすい席あせあせ(飛び散る汗)

ライブは19:10から21:35までの2時間25分で、
「オリオン13」からは13曲中11曲が歌われた他、
定番の曲やコンサートでお馴染みのナンバーが5曲といった構成るんるん

「オリオン13」を試聴した印象では、“旗を立てる” で始まるんだろうなぁ〜と思っていたら、
CD配布所の先で、ネオドラゴン作戦の有志の方々が紙製の旗&チラシ【写真下】を配りながら、
「4曲目の “旗を立てる” で振って下さぁ〜いexclamation」に、見事に予想はハズレたらーっ(汗)

TANIMURA070417.jpg

客席がガサゴソと音をたてながら一斉に旗を取り出す様子には笑えましたがあせあせ(飛び散る汗)
スタンド・アリーナ席が一体となって旗を振っているのは、もぅ〜壮観exclamation

手元が暗かったので、曲目をメモするだけで精一杯だったのですが、
トークは、それぞれの曲に対する想いを中心に、
2日前≪4/15(日)≫にテレビ東京系でOAされた “みゅーじん/音遊人” や、
3年前から教授を務めている上海音楽学院の話を織り交ぜて…といったカンジるんるん

ピアノとキーボードでしっとり聴かせたところは、昨年の「ことばのライブ」を彷彿しましたが、
ご自身がギターを弾きながらのフルバンド編成では、
アップテンポの曲が多くて、アリス時代を懐かしく思い出させていましたね黒ハート

ただひとつ、敢えて言わせてもらうなら、
「オリオン13」初回受注限定生産盤に付いている “風の暦” のプロモビデオ入りDVDを
東京・大阪公演限定CDにも付けて欲しかったなぁ…あせあせ(飛び散る汗)
posted by Search-A at 23:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

地震に気づかず歌舞伎観劇の(^^;)名古屋日帰りの旅

今日は、陽春花形歌舞伎の観劇で、半年振りに御園座へ♪

…と言っても、名古屋へは1ヶ月前に50分だけ行ったばかりなんですけど(^^;)

★大阪市内≪自宅最寄り駅^^;≫−【JR】→鶴橋5:18−【近鉄・普通】→
 6:48名張6:51−【普通】→7:33伊勢中川7:40−【急行】→8:55近鉄名古屋★


新幹線なら最速で6:51、近鉄特急でも8:06には名古屋へ着くところを、
株主全線乗車券で普通&急行を乗り継ぎ電車 車内ではひたすら爆睡に努めるワタシ眠い(睡眠)

沿線(奈良県山間部)の桜はまだ見ごろでかわいい
時折目覚める度に楽しみながら、無事名古屋へ到着るんるん

★名古屋−【地下鉄】→伏見…御園座★

名古屋から直行で御園座へダッシュ(走り出すさま)

この日は9:20から、坂東亀三郎&亀寿兄弟をゲストに迎えて、
ごくらく古典芸能の会のトークショー「陽春花形歌舞伎のみどころ」と、
11:00開演の昼の部「盟三五大切」と「芋掘長者」を観劇黒ハート 【詳しくは後日UP予定】

さて、当初の予定より5分早まった1回目の休憩(12:15〜12:45)時計
劇場地下食堂街のフードカフェ・ぽてとはうすで
二十穀米ぞうずいを食べ※詳しくはこちら、2階の客席へ戻ろうとしたところ、
通りすがりに目にしたお店のテレビの画面には、関西&東海地方の地図…
「えっ…まさかexclamation&question」とよく見ると、これが何とexclamation各地震度の一覧図で、しかも震源地は三重県exclamation×2

地下だったせいか、地震には全く気づかなかったのは幸いでしたがあせあせ(飛び散る汗)
この時ワタシの脳裏をよぎったのが、3年前の2004(平成16)年9/5(日)…
この日も御園座で歌舞伎観劇の帰りに、集中豪雨と地震に巻き込まれ、
近鉄のダイヤが大幅に乱れる中を、ほうほうの体(てい)で帰り着いたこともうやだ〜(悲しい顔)

★御園座…伏見−【地下鉄】→名古屋★

まぁ、たいしたことはないだろうるんるんとは思いながらも、
とりあえず観劇後に近鉄名古屋駅へ様子を見に行くと…

Nagoya070415-03.jpg

…の張り紙ふらふら

運行を見合わせていた特急券売場の、払い戻しを求める乗客の行列に、
「これは早々に切り上げた方が…」と、ここで夕食のつもりだったミッドランドスクエアをさっと見て…

★近鉄名古屋16:01−【急行】→17:21伊勢中川17:28−【快急】→
 19:15上本町…谷町九丁目−【地下鉄】→大阪市内≪自宅最寄り駅^^;≫★


出発時刻のない行先表示板を見て、飛び乗ったのが急行・松阪行で、
伊勢中川では一部で行先すら表示されない箇所もありましたがたらーっ(汗)
何とか数分遅れで無事帰阪あせあせ(飛び散る汗)

途中、桜井駅停車時に、余震があったとのアナウンスを聞き、
「ひょっとして、こちらに巻き込まれていたかも…」と思うと、今回は本当に一安心黒ハート

何故なら、帰宅したワタシに対して、
母親曰く「アンタ、もう帰ってこられへんと思ったわぁ〜」でしたからあせあせ(飛び散る汗)
posted by Search-A at 23:59| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel 【Domestic】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

NHK総合テレビ≪関西地方≫でウィーン版ミュージカル「エリザベート」を紹介

梅田芸術劇場の公式サイトで告知されていた通り、
NHK総合テレビ「ぐるっと関西プラス」≪関西ローカル≫という番組の
“プラスなび” というコーナーで、11:18から11:23までの約6分半、
ウィーン版ミュージカル「エリザベート」が紹介されましたTV

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

まず、コーナーの冒頭、
「今日はミュージカルの話題をご紹介させていただきます」とアナウンサーが言った途端、
“エリザベ〜トるんるん” と歌うミュージカルオタクの桂小米朝でしたがあせあせ(飛び散る汗)

ファンにはお馴染みの黒ハートトートがエリザベートをベットに横たえるシーンや、
今回の来日公演では登場しませんけどあせあせ(飛び散る汗)
フランツとルドルフが口論している王冠のセットなどを集めた写真が映し出され、
「本国オーストリアで150万人ほどを集めたたいへんな名作で、
 ヨーロッパ全体ですと450万人の動員数ということで、
 宝塚歌劇でも上演され日本でもお馴染みの演目なんですけど、
 今回はオーストリア・ウィーンからやってきた
 オリジナルのメンバーそして舞台が展開されています」 と、簡単な説明がありるんるん

アナ「どんな舞台なのか、かいつまんでご覧いただきましょう」
小米朝「梅田へ来たんですよるんるん」と、お待ちかねの舞台映像へ…

「舞台は19世紀末のオーストリア。
    ≪舞台映像:アウグスティーナ教会の全景
     ヴェールが広げられ跪くエリザベートとフランツ(不幸の始まり)≫

 エリザベートはバイエルン王国の王女として生まれながらも
 自由奔放に育てられてきました。
    ≪上着を着るマックスの背後から抱きつくエリザベート(パパみたいに)≫
 あるときエリザベートの元に、死へと導く黄泉の帝王トートが現れます。
 しかし彼はエリザベートの美しさに心を奪われ、命を奪わずに去っていきます。
    ≪トートがエリザベートを抱いて現れ、彼女をベットに横たえる≫
 その後エリザベートはオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフに見初められ妃となります。
    ≪エリザベートにネックレスをつけるフランツ(あなたが側にいれば)≫
 しかし彼女を待ち受けていたのは厳しいお妃教育と窮屈な生活。
    ≪ゾフィに歯を無理矢理チェックされてしまうエリザベート(皇后の務め)≫
 夫のフランツ・ヨーゼフとの仲も険悪になってゆきます。
    ≪食卓を挟んで口論するエリザベートとフランツ(結婚生活の様子)≫
 エリザベートは自由を求め旅に出ますが、再び現れたのはトート。
    ≪崩れた馬車のセットの上下で歌うトートとエリザベート(私が踊る時)≫
 エリザベートの運命は如何に?衝撃の結末が待ち受けています。」
    ≪トートに抱かれながら歌うエリザベート(ヴェールが降りる)≫

この後、“ヴェールが降りる” をBGMにスタジオトークとなり…
「実際にあった話やもんね、これねぇ〜。
 19世紀の王室ですよ、ハプスブルグ家に嫁いだエリザベート皇妃、
 それでいろんな悲劇も生まれるんですよ。
 もぅ、絶世の美女なんだけれども命も狙われたんですよねぇ〜」と熱く語りまくる小米朝ハートたち(複数ハート)

一方、「小米朝さんにご案内いただいた方が良かったような…」と
すっかりお株を奪われたアナウンサー、「ご覧になっているようですね」とツッこんであせあせ(飛び散る汗)
舞台の背景となる19世紀当時の日本(明治維新→西洋化の始まり)と
ウィーン(ヨーロッパの文化や様々な音楽が集まり文化的に開花)を比較解説し、
「基本はドイツ語ですが日本語の字幕もついてお楽しみいただけます」としっかりアピールるんるん

アナ「宝塚歌劇でもお馴染みの演目ですし、あとは内野聖陽さん…」
小米朝「そうexclamationうっちー(=内野)が一路(真輝)さんと共演して
     結婚までしちゃったという…」などと、ハナシが脱線しながらもあせあせ(飛び散る汗)
アナ「ストーリーも素晴らしいですが、それだけではなく舞台設定も見事なんです」と、
画面は再び舞台映像へ…

「今回の見どころ、そのキャスティングがまず挙げられます。
 エリザベート役を務めるのはマヤ・ハクフォート。
 1994年からエリザベートを演じています。伸びのある歌唱力が絶品です。
    ≪舞台映像:“あなたが側にいれば” と “私だけに” のラスト≫
 そしてトート役はハンガリー生まれのマテ・カマラス。
 ロックバンドのボーカルとしても活動しているイケメンです。 ≪“最後のダンス”≫
 そしてもうひとつの見どころ、この舞台装置です。
 ステージに現れたのは、大きな、これ、跳ね橋なんですねぇ〜。
 ご覧下さい、このスケールexclamation ≪“最後のダンス” で下へ動く跳ね橋≫
 さらにステージ上には直径5mの回転ワゴンが2台、パワフルにクルクルと回ります。
 様々な演出がこのステージ上にできているんですよねぇ…華やかですよねかわいい
    ≪フラウ・ヴォルフの館の巨大レジスター&飾り窓の娼婦たち≫
 さらに、これね、カフェの机と椅子なんですけれどもね、
 ステージ上を縦横無尽に動く電動カートなんですね。
 役者さん、踊って歌ってセリフを言うだけでなくて、
 こう、カートの運転もしているということなんですね。」 
                    ≪ウィーンのカフェで動く電動カート≫

…のアナウンスに、小米朝は「本場がやってきたんですね…」と感慨深げ黒ハート

再度、BGM “ヴェールが降りる” が流れる中、
“最後のダンス” の跳ね橋と、ウィーンのカフェの舞台写真を入れながら、
アナ「今回、このオリジナル・ウィーン版ということで
   スタッフを含めまして総勢100人がオリジナルの舞台をここで展開するんですね。
   そして、この大掛かりな舞台装置というのは大阪公演だけなんですね。
   東京はコンサートの形式になりますんで、
   ここ大阪だけでしか観られないところを是非堪能していただきたいと思います」

そして、クラシックやタカラヅカが好きな小米朝に、
「トートかっこいい〜ハートたち(複数ハート)」とラブラブモードの水野麗奈、
外見に似合わずワルツ好きのアナウンサーと、またまたハナシは脱線しながらもあせあせ(飛び散る汗)
アナ「…それ(=ワルツ)だけでなく、
    ロックも中では歌われますので、若い世代にも受け入れられると思います」
小米朝「宝塚歌劇でもやってるけれども、本場を見たらまた比較も出来るからねるんるん
     梅田芸術劇場でやってるんや〜」
アナ「4月30日まで公演中ですので、是非ご覧いただきたいと思います」と、
“エリザベート 4月30日まで公演中 梅田芸術劇場 (問)06-6377-3800” の
テロップが出て…

…終了たらーっ(汗)

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

「エリザベート」というミュージカルを全く知らない方や、
タカラヅカ版は観ていてもウィーン版は…という方への入門編といった内容で、
ファンからすれば、「ルキーニは?ルドルフは??」でしたがたらーっ(汗)
6分半の短い時間から考えれば、これで精一杯かなぁ…ともあせあせ(飛び散る汗)

ともあれ、少しだけでもテレビで紹介してくれて、たいへんありがたかったですわ黒ハート
posted by Search-A at 20:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Musical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

テンプレート変更 その13:こいのぼり

造幣局の桜の通り抜けも終わり、
あっという間に花見の季節が過ぎ去ってしまった、ここ大阪ですが…

前回予告通り、当ブログのテンプレートも
3/1(木)から約1ヵ月半使用した “さくら≪Part II≫” から、
Seesaaより公式配布の “こいのぼり” に変更しましたるんるん

こういう色使いは普段あまり使わないので、少々戸惑っている半面、
爽やかな感じがイイんじゃないかなぁ〜と思うんですが…如何でしょうかexclamation&question

なお、“さくら” 同様、季節モノのテンプレにつき、
次回の変更予定は、端午の節句が終わる5/5(土・祝)以降の予定ですあせあせ(飛び散る汗)
posted by Search-A at 23:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | My Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

北海道のソフトクリーム その7:夕張郡長沼町・あいすの家

やたらクリーム続きのグルメ・ネタですが(^^;)今回は…

Gourmet070412.jpg

前回前々回の名古屋から、
6ヶ月半ぶりあせあせ(飛び散る汗)大阪の百貨店物産展に戻ってきた “北海道のソフトクリーム” シリーズ黒ハート

その第7弾は、梅田大丸 “北海道大グルメ祭” に出展している 
夕張郡長沼町・あいすの家 のソフトクリームでするんるん

チラシに載っていたのは、ソフトにフルーツソースがかかったオリジナルパフェでしたが、
「もしかして…」との読み通り、ちゃんとソフトクリームだけのメニューもありましてるんるん

さらさらしたシャーベットのようなジェラート系の割に、なかなかコクのある味で、
マオイ丘陵ですくすくと育った牛から搾られた
 新鮮な生乳をベースに余計なものを加えずに製造しています
” の言葉通り、
生乳がそのままソフトクリームになった感じ黒ハート

ワタシの好みとしては、もう少し甘くて濃厚でも…とも思いましたがあせあせ(飛び散る汗)
最後まで飽きずに食べられましたし、満腹感も得られたので良かったです黒ハート
posted by Search-A at 02:15| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet 【Hokkaido-Softcream】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

占いシリーズ第9弾:幸せを呼ぶ、ヒロイン占い

約1ヵ月ぶりの占いネタは、
“2006年上半期の主役はあなた!?” の副題通り、
1年以上前にUPされたものですが(^^;)
映画やドラマのヒロインにそれぞれのキャラクターをなぞらえた
幸せを呼ぶ、ヒロイン占いるんるん

血液型と生年月日で占うと、タイプ分けされるヒロインは…

 「ローマの休日」のアン王女
 「アメリ」のアメリ
 「デンジャラス・ビューティ」のグレイシー・ハート
 「ブリジット・ジョーンズの日記」のブリジット
 「やまとなでしこ」の神野桜子
 「キューティ・ブロンド」のエル
 「ごくせん」の山口久美子
 「猟奇的な彼女」の彼女
 「タイタニック」のローズ
 「トゥームレイダー」のララ・クロフト
 「冬のソナタ」のチョン・ユジン
 「電車男」のエルメス
 「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリー
 「黒革の手帳」の原口元子
 「プリティ・ウーマン」のヴィヴィアン
 「NANA」の大崎ナナ

…の16人黒ハート

ちなみにワタシは、“義理人情に厚く、正義感が強い”
「ごくせん」のヤンクミこと山口久美子タイプだそうでるんるん
この中では近いといえば近いかなぁ…ちょっと間が抜けたところとかあせあせ(飛び散る汗)
posted by Search-A at 02:48| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fortune | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

ルカス・ペルマン、来年再来日→ミュージカル「ファントム」に出演

またガセネタだろうと思っていたんですが…

Musical;070409.JPG

梅田芸術劇場で配布されている速報チラシによると、
来年1月に同劇場メインホール&愛知厚生年金会館と、
2月に東京・青山劇場で上演されるミュージカル「ファントム」に、
現在ウィーン版ミュージカル「エリザベート」に皇太子ルドルフ役で出演中の
ルカス・ペルマン(Lukas Perman)が出演するとのことexclamation×2

ちなみに、ミュージカル「ファントム」とは、
2004(平成16)年と2006(平成18)年に宝塚歌劇団≪宙組花組≫で上演された
アーサー・コピット&モーリー・イェストン版のことで、
劇団四季が上演しているアンドリュー・ロイド=ウェーバー版や、
ケン・ヒル版の来日公演で有名な「オペラ座の怪人」とは異なる作品なんですけど…

4/6(金)にスポーツ報知が伝えたところによると、
大沢たかおがミュージカル初挑戦にしてタイトルロールを演じるそうであせあせ(飛び散る汗)
おそらくLukasの役どころは、
ヒロインのクリスティーヌに想いを寄せるフィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵
≪タカラヅカでの配役:安蘭けい(宙組版)/真飛聖(花組版)≫だと思いますが…

クリスティーヌやキャリエール
≪オペラ座の前支配人でファントムの父親≫のキャスティングもそうですが、
Lukasが周りの日本人キャストから浮くことなくあせあせ(飛び散る汗)
如何にして言葉の壁を乗り越えるか?たいへん気になるところです…あせあせ(飛び散る汗)
posted by Search-A at 02:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Musical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

京都市:祇園辻利のほうじ茶ソフトクリーム

3ヶ月前に投稿した “祇園辻利の抹茶ソフトクリーム” で…

Gourmet070408-01.jpg Gourmet070408-02.jpg

「これは次回に是非黒ハート」と心に決めた新メニュー・
ほうじ茶ソフトクリームに、初めてありつくことができましたるんるん

抹茶ソフトクリームと同様、なかなか溶けないあせあせ(飛び散る汗)しっかり固めのクリームで、
ひとくち食べると、口の中に広がるほうじ茶の渋くて香ばしい香り〜黒ハート

これがそのままソフトクリームになるとは、食べていて何だか摩訶不思議でしたがあせあせ(飛び散る汗)
流石は祇園辻利だなぁ…と唸らせる味でしたねるんるん
posted by Search-A at 01:48| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

兵庫県尼崎市:バックハウスイリエのクリームパン

関西で、九十九堂本舗と人気を二分するクリームパンが…

Gourmet070407-01.JPG Gourmet070407-02.JPG Gourmet070407-03.JPG

兵庫県尼崎市にあるバックハウスイリエのクリームパン黒ハート

もうず〜っと以前、梅田大丸B1出入口前のスゴい行列にビックリして、
通りすがりに耳にした “クリームパン” のキーワードを頼りにネット検索したところ、
この行列の正体が分かったワケるんるん

しかも、尼崎のお店以外では、梅田大丸でしか買えない上に、
1日3回≪11:30、15:30、18:00≫ひとり5個までの限定にも関わらず、
発売開始から30分弱で完売するほどの、たいへんな人気あせあせ(飛び散る汗)

パンを手にして感じるのが、ずっしりとしたクリームの重さで、
半分に割ると、プリンカスタード味のクリームが隅々までた〜っぷりexclamation
あまりのクリームの多さに、周りはパン生地というより、“薄い皮” exclamation×2

しかも、これで1個¥105の破格の安さに、
「今まで食べたクリームパンは、いったいなんだったんだ…」と思うほどあせあせ(飛び散る汗)

ちなみに、同店B2のベーカリーにもバックハウスイリエのコーナーがあって、
そこではクリームパン以外のパンが買えるのですが、
あまりにもクリームパンの強烈なインパクトに、毎回圧倒されてしまうんですよねハートたち(複数ハート)
posted by Search-A at 01:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

大阪府枚方市:九十九堂(つくもどう)本舗のクリームパン

大阪のパン好きなら、誰でも知っているのが…

Gourmet070406-01.jpg Gourmet070406-02.jpg

九十九堂(つくもどう)本舗のクリームパン黒ハート

本店は大阪府枚方市にあるそうですが、
うめだ阪神なんば高島屋・心斎橋そごうに常設している他、
あべの近鉄などでも期間限定で販売するなど、
ここのところ関西のデパ地下へも進出していて、
中でもクリームパンは、このお店一番の人気商品るんるん

早速、移動先での夕食にするつもりで、お昼に買ったところ、
店員さんが保冷剤を入れたので、尋ねてみると “要冷蔵” とのこと… がく〜(落胆した顔)

何でも、“食べる直前に冷蔵庫から取り出し、
       オーブントースターで30〜40秒温めると、 
        外はふっくら、中は冷たいクリームパンの出来上がり
” だそうで、
もちろん、そのまま食べてもおいしいですよ ” とも書かれていましたが、
保冷剤が気になって、仕方なく早々に食べてしまったんですけれどたらーっ(汗)

パンを半分に割って食べてみると、見た目よりクリームがふんだんに入っていて、
バニラビーンズの黒い粒々も見えるほどのバニラカスタード味に、
「バニラアイスのような感じを狙っての “要冷蔵” だったのかも?」 と、少し納得揺れるハート

ただ、バックハウスイリエのクリームパンを知ってしまうと、
これで1個¥180では、ちょっと…ねぇたらーっ(汗)
もう少し、コストパフォーマンスを何とかしていただきたいのですがあせあせ(飛び散る汗)
posted by Search-A at 01:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

“ダヴ クリーミー泡洗顔” 発売記念プレミアムソフトクリーム

今回のグルメ・ネタは、ちょっと特別ですが…(^^;)

Gourmet070405-01.JPG Gourmet070405-02.JPG

3/31(土)に大阪・なんばのYES-NAMBAイベントスペースで行われた
“ダヴ クリーミー泡洗顔” 発売記念イベントでゲットした
プレミアムソフトクリームです黒ハート

“料理の鉄人” でおなじみのクイーンアリス・石鍋裕シェフと、
美容アナリスト・岸紅子のコラボにより開発された、このプレミアムソフトクリームるんるん

ソフトクリームというよりも、フローズンヨーグルトといった味わいで、
ビタミンCが豊富な南米の柑橘系フルーツ “カムカム” の酸味が効いた
キレのあるさっぱりした甘さで、後味がとても良かったです黒ハート

なお、このプレミアムソフトクリームを使った
4/28(土)から5/27(日)までの期間限定デザートメニューが、
クイーン・アリス アクア東京≪東京国立近代美術館2F≫と
クイーン・アリス アクア大阪≪国立国際美術館B1≫で登場するそうです黒ハート
posted by Search-A at 02:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

第79回センバツ:祝!常葉菊川高校初優勝!!

第79回選抜高等学校野球大会は、昨日≪4/3(火)≫決勝戦が行われ…

     常葉菊川(静岡) 6-5 大垣日大(岐阜)

初優勝を賭けて、“東海対決” となったこの試合…
正直言って、この2校が決勝進出とは、全くの予想外だったんですがあせあせ(飛び散る汗)

常葉菊川は、秋季静岡県大会&東海地区大会優勝校で、
明治神宮大会ベスト4ながらも、日刊スポーツの評価はBランクでしたし、
岐阜県大会1位の大垣日大は、地区大会では常葉菊川に敗れて4強に止まり、
センバツでは希望枠での選出だったせいか、Cランクの評価でしたからねぇ…あせあせ(飛び散る汗)

…で、地区大会準決勝の再現となった、センバツ優勝戦るんるん
序盤の点の取り合いから、
常に先制していた大垣日大がこのまま1点差で逃げ切るかと思われた8回裏、
2アウト2塁から常葉菊川がタイムリーを繋げて逆転exclamation×2
同校の森下監督が浜松商の主将として出場した第50回大会≪1978(昭和53)年≫以来、
29年ぶりに静岡県へ紫紺の大優勝旗がもたらされたという結果黒ハート

ホンネを言えば、東邦高校(愛知)の監督として甲子園に名を馳せた
大垣日大・阪口監督の個性溢れるあせあせ(飛び散る汗)優勝インタビューを期待していたんですけれどたらーっ(汗)
でもまぁ、希望枠の出場校で初の決勝進出は、よく頑張ったと思いますわ黒ハート

ただ、今大会を振り返ると、
18試合が2点差以内(1点差11試合、2点差7試合)の接戦だった ” という反面、
開幕早々の2試合を皮切りに、6点差以上の大差がついたのが8試合…たらーっ(汗)

1イニングでの大量失点に、
「こんなん観てられへんわぁ〜ふらふら」 という展開も、けっこうあったと思うんですけれどあせあせ(飛び散る汗)
また今度は、夏に向けての熱い戦いを期待したいですねexclamation×2
posted by Search-A at 02:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports 【Baseball】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

三重県志摩市:活料理旅館 橘の的矢かきめし御膳

大阪・梅田芸術劇場で現在上演中の
ウィーン版ミュージカル「エリザベート」に熱中するあまり、
他のネタが溜まり気味なのですが…(^^;)

Gourmet070403-01.jpg

今回は、三重県志摩市にある活料理旅館 橘の的矢かきめし御膳をご紹介しまするんるん

実際に旅館で食べたことがあるくらい、
旅館橘のかきめしは、牡蠣が大好物なワタシのお気に入りで黒ハート
高島屋大阪店本館B1の味百選ウィークリーカウンター(イートインコーナー)にも、
毎年10月と3月、つまり牡蠣シーズンの最初&最後に出店していることもあって、
お客さんの中には、スタッフと親しく会話する顔なじみもいらっしゃるほどるんるん

Gourmet070403-02.jpg Gourmet070403-03.jpg Gourmet070403-04.jpg

オーダーした的矢かきめし御膳は、もちろんあせあせ(飛び散る汗)かきめしとカキフライ、
椎茸風味のしぐれ煮&かきのり≪牡蠣と青さ海苔の佃煮≫と、牡蠣好きが喜ぶ牡蠣三昧黒ハート

これでしばらくお預けかと思うと、ちょっと寂しくもありもうやだ〜(悲しい顔)
また秋になれば…と、待ち遠しくもあるんですけれどあせあせ(飛び散る汗)
牡蠣シーズンのラストを飾って、しっかりと味わせていただきました黒ハート
posted by Search-A at 03:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

ページビュー&検索ワードベストテン≪3月分≫

月初めの恒例企画 “ページビュー&検索ワードベストテン” も、今回が7回目♪

さて、3月はどんな結果が出たのでしょうか…?

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

【2007年3月】

≪ページビュー(18530)≫

第1位:(3/29) ウィーン版ミュージカル「エリザベート」大阪公演初日!! (405)
第2位:(3/25) 大相撲春場所:14日目の主な取組結果 (229)
第3位:(3/6) 歌劇3月号 “公演ポスターを語る” (220)
第4位:(3/26) 大相撲春場所:千秋楽の主な取組結果 (215
第5位:
 (2006/03/28) フィギュアスケート:'05〜'06シーズン終了⇒世界ランキング発表 (192)
第6位:(3/15) 大阪・うめだ阪急:ミュージカル「エリザベート」展 (148)
第7位≪2項目≫: 
 (3/15) 大相撲春場所:4日目の主な取組結果 (142)
 (3/13) 大相撲春場所:3日目の主な取組結果 (142)
第9位:(3/18) 大相撲春場所:7日目の主な取組結果 (137)
第10位:(3/19) 大相撲春場所:8日目の主な取組結果 (134)

≪検索ワード(アクセス数2829、項目数1103)≫

第1位:フィギュアスケート (56)
第2位:エリザベート (55)
第3位:宝塚 (53)
第4位:世界ランク (49)
第5位:中野友加里 (39)
第6位:春野寿美礼 (37)
第7位:中村勘太郎 (34)
第8位:和央ようか (32)
第9位:安蘭けい (27)
第10位:怪我 (26)

≪ページビューのトップページ、/index.rdf、/index20.rdf、
   /pages/user/comments2/regist/input の4項目は、ベストテンから除外しています≫


ページビューベストテンのうち6項目を占めたのは、
朝青龍の2連敗スタート&白鵬との優勝争いで白熱の大相撲春場所でるんるん

1年前のネタにも関わらずあせあせ(飛び散る汗)
“フィギュアスケート:'05〜'06シーズン終了〜” のランクインは、
リンク先の国際スケート連盟(ISU)最新ランクが待ち切れなかったからかなぁ〜と思ったりるんるん

そして、“歌劇3月号 “公演ポスターを語る” ” の1日あたり162ページビューを上回り、
“ウィーン版ミュージカル「エリザベート」大阪公演初日!!” が、
1日305ページビューを記録exclamation×2
2位に大差をつけて堂々の1位に輝きました黒ハート

何かと注目だったページビューに対し、
検索ワードは、フィギュアスケート・エリザベート・宝塚の三つ巴決戦どんっ(衝撃)

わずか3アクセス差の激戦を制したのは、
世界選手権で大いに盛り上がったフィギュアスケートでしたるんるん

最後は…

≪珍あせあせ(飛び散る汗) 検索ワード≫

今回は、“・ミゼラブル” ならぬ “・ミゼラブル” と…

“珍” ではありませんがあせあせ(飛び散る汗)
ワタシの愛犬の名前&犬種の “ディアーポメラニアン黒ハート
全くの偶然とは言え、もぅ〜本当に嬉しかったですハートたち(複数ハート)
posted by Search-A at 01:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | My Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

ウィーン版ミュージカル「エリザベート」大阪公演観劇記≪その1≫

昨年7/27(木)に来日公演決定のニュースを知ってから、
8ヶ月もの間、ずっと、ずっと待ち焦がれていた “この日” …☆彡

3/31(土)、ついにやってきた “この日” …
そう、ウィーン版ミュージカル「エリザベート」大阪公演の観劇初日ですexclamation×2

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

「エリザベート」に対する深い想いは、当ブログでもたびたび語っているように、
My 初日を待ち切れず、公演初日≪3/28(水)≫に劇場へ駆けつけたほどですがあせあせ(飛び散る汗)

Musical070401-01.JPG

早速、1階の劇場入口を入ると、まず左手にあるのがキャストボードるんるん
この場所は、終演時にリピーター割引の座席券発売カウンターが設置されるので、
ボードは劇場入口前に移されますがあせあせ(飛び散る汗)この日も全てファーストキャストの御出演黒ハート

ちなみに、劇場内では…

Musical070401-02.JPG

公演時間表の下にキャスト表が張り出されていまするんるん

階段またはエスカレーターを2階へ上がった、左手のロビーには…

Musical070401-03.JPG Musical070401-04.JPG Musical070401-05.JPG

左手にライブDVDのPR用モニターとリピーター割引の案内、
中央奥は宝塚歌劇雪組公演のポスターと主要4役の写真パネル、
右手には、ウィーンの観光案内パンフレット(3種類)の無料配布カウンターと、
オーストリア・ハンガリー各国旗を掲示黒ハート
≪幕間には、この前が割引座席券発売カウンターとなります≫

その右では…

Musical070401-06.JPG Musical070401-07.JPG

Maya Goes Solo を含む3公演のポスターも黒ハート

改札前でチケットをもぎってもらい、3階(=客席1階)ロビーで売店チェックるんるん
関連書籍やCD・DVD、ミュージカル「エリザベート」展でのグッズに加えて…

● ポストカード×1枚入り携帯ストラップ
   ≪ストラップはガラスキューブ×2コ(サイン入りロゴ/小さな扇)で、
    ポストカードは来日記念コンサートのライブ写真
               (Maya&Mate/Maya&Lukasの2種類)入り≫
● ポストカード≪Mate×1種類、Lukas×2種類≫
● Lukasのブロマイド×3種類入りフォトセット≪額縁に入っています≫
● ウインドブレーカー(フリーサイズ)
● サインロゴ入り巾着袋入りブルーベリーキャンディ 

…やっぱり、テアター・アン・デア・ウィーンのスーベニール・ショップを
持って来てくれたらなぁ〜と思いましたがあせあせ(飛び散る汗)売店前はたいへんな賑わいるんるん

開演時刻が迫り、ようやく3階最後尾中央にあるワタシの席へ着くと…

Musical070401-08.JPG

舞台の両袖には縦書きの字幕装置と、
緞帳の代わりに、第1幕第1場 “ボッセンホーフェン宮殿の前” で使われる、
エリザベートの横顔をくりぬいたセットが…exclamation×2

テアター・アン・デア・ウィーンでは、劇場の緞帳をそのまま使っていただけに、
これを見た途端、「本当に始まるんだ…」と実感がこみ上げてきたワタシ黒ハート

そしてブザー&アナウンスなしで、
徐々に客席の電気が落とされ、いよいよ待望の開演…exclamation×2

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

“ウィーン・オリジナルを可能な限り再現した” 豪華な舞台装置で、
逆に、 “可能ではなかった” ものや、演出が違ったものは、

オリジナル=自由自在に高さが変わる4枚の細長い床
今回=本来より舞台に設置されているセリを使用     …と、

●第1幕●
  第2場:シュタルンベルガー湖畔にて
   サーカスの曲芸をするエリザベートは…
    オリジナル:ダミー(吹き替え)が棒を登る⇒人形が落下する
    今回:人形の落下のみ≪ダミー(吹き替え)は登場せず≫
  第3場:ウィーン ホーフブルグ宮殿の謁見の間
   嘆願する死刑囚の母を…
    オリジナル=ふたりの近衛兵が連行し、
          舞台奥からトート&死の天使(全員)が見つめている
    今回=ふたりの死の天使が連行し、それ以外の死の天使とトートは登場しない
  第4場:バート・イシュル
   背景のセットが…
    オリジナル=おびただしい数の鹿の頭の壁掛けが天井から吊り下げられている
    今回=最初から青空に “!” マークの白い雲になっている
  第11場:シェーンブルン宮殿 皇太后の居室の控えの間
   少年ルドルフの軍服が…
    オリジナル:胴体のみのマネキンに着せてある
    今回:コンドレクール伯爵が最初から手に持っている
●第2幕●
  第5場:ホーフブルグの皇太后ゾフィーのサロン
   ゾフィー&奸臣たちが動いているチェスのボード(床面)が…
    オリジナル=点滅する
    今回=ボードは点滅しない
     ≪ルキーニのソロの間に天井から下ろされたシートを裏方さんが広げています≫
  第10場:ウィーンホーフブルグ宮殿の皇帝執務室
   ルドルフと口論するフランツの位置が…
    オリジナル=巨大な王冠の中
    今回=ホーフブルグ(王宮)の写真の裂け目の間          
…といったところたらーっ(汗)

それ以外は、ボクサー・スタイルの娼婦がダイナマイトボディじゃないのを除けばあせあせ(飛び散る汗)
ヤスリをモチーフにした大きな跳ね橋や2台の回転ワゴンの他、
こちらで記した舞台装置は全て再現exclamation×2

オーストリア帝国とハプスブルグ家の凋落を、可動床で上手く表現していただけに、
改修できなかったのは残念でしたがたらーっ(汗)、セリの多用で何とかカバーるんるん

それに、テアター・アン・デア・ウィーンに比べると、
梅田芸術劇場は舞台の間口が広いので、
舞台の密度が薄らいでしまったかなぁ…という思いも残りましたし、
今回は金管楽器がけっこうカマしていたのが、ちょっと…でしたけどふらふら

それでも、第1幕プロローグのドロップ(背景幕)&装置を見た途端、
日本で、しかもワタシの住むここ大阪で、
ウィーン版「エリザベート」を再び観劇できることに、
ただただ感動して、もぅ〜涙exclamationexclamation×2でしたねぇ…たらーっ(汗)

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

それでは、今回のキャストについて…

Elisabeth≪エリザベート役≫: Maya Hakvoort>≪Wikipedia
 '97年12/31、'03年12/27・29に続き、今回のウィーン版もMayaがエリザベート役黒ハート
 いつもながらの圧倒的な歌唱力は勿論のこと、今回は良い意味で肩の力が抜け、
 より自然体で演じているように感じられたのが良かったでするんるん

Luigi Lucheni≪ルイジ・ルキーニ役≫: Bruno Grassini
 イタリア・トリエステ版(舞台写真)の印象では、ワイルドなのかなぁ?と思ったんですが、
 暗殺者の容貌にするにはもったいないくらい、意外とカワイイ顔立ちにビックリexclamation
 一挙一動に目が行くところが狂言回しにうってつけで、Brunoならではのルキーニでした黒ハート

Der Tod≪トート役≫: Mate KamarasWikipedia
 “青い血” ならぬ “赤い血” をたぎらせてそうなあせあせ(飛び散る汗)熱っぽいマッチョなトートはやはり健在exclamation
 ただ、'03年に比べ “オレ様度” が若干影を潜めていたのは、それだけ余裕が出たことかもるんるん
 カーテンコールでの決めポーズも「変わってないなぁ〜」と懐かしかった&嬉しかったです黒ハート

Kaiser Franz Joseph≪皇帝フランツ・ヨーゼフ役≫: Markus Pol別サイト
 Leon van Leenwenberg('97年)やAndre Bauer('03年)に比べて、
 マザコンや厳格さよりも表情に色気が感じられ黒ハート皇后への愛情が深い皇帝でしたるんるん
 ただ、第2幕では3階席から表情が見えにくかったので、1階席でじっくり見てみたいところあせあせ(飛び散る汗)

Kronprinz Rudolf≪皇太子ルドルフ役≫: Lukas PermanWikipedia
 '03年のセカンド・キャストから4年経ち、持ち前の気品や “華” に加えて、
 脆くて壊れそうな “ガラスの皇太子” を表現して、また一段と成長が伺えたLukas黒ハート
 欲を言えば、七・三分けの撫で付けヘア…理想はトリエステ版(公式サイトより)なんですがあせあせ(飛び散る汗)

この他、Erzherzogin Sophie≪皇太后ゾフィー役≫: Christa Wettsteinは、
“ベラリア” で皇太后としての想いをしみじみと聴かせ、
'03年以来のHerzog Max von Bayern≪バイエルン公爵マックス(エリザベートの父)役≫:
Dennis Kozeluhは、すっかり安心して観られましたし、
Kronprinz Rudolf als Kind≪皇太子ルドルフ(子役)≫:Kasey McDougallは、
黒髪ではなく金髪だと嬉しかったんですがあせあせ(飛び散る汗)とても健気で可愛くて、
役としての出番は少ないながらもROMEO & JULIAのヒロインでLucasの相手役を務めた
Helene Von Wittelsbach≪ヘレネ・フォン・ヴィッテルスバッハ(エリザベートの姉)役≫:
Marjan ShakiWikipedia≫ は、やはり可愛いだけに、
その後の女官役との違いが際立っていましたねるんるん

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

さて、東京のコンサート版でもお披露目されることでしょうが、
日本公演ならではのシーンが
第2幕第6場:フラウ・ヴォルフの館でルキーニが歌う “間奏曲2” るんるん

第1幕第4場:バート・イシュルで歌われる “計画通り” の冒頭のメロディで、
舞台両袖の字幕が消えた…と思ったら、これが何とexclamation
“貴族の殿方お好みは 清く正しく美しく〜” の日本語歌詞exclamation×2

Bruno Grassini の稽古の模様が、YouTubeで一部紹介されていましたが、
実際には16小節と長く、よほど稽古を積まれたんだなぁ〜と感服しましたわ黒ハート

なお、エリザベート暗殺の凶器=ヤスリを、
トートが跳ね橋の上から舞台上のルキーニへ投げ渡すシーンは、
                    ≪第2幕第16場:沈みゆく世界の一角で≫
手に当たってバウンドしたもののあせあせ(飛び散る汗)何とか舞台に落とさずにキャッチできていましたるんるん

☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆:・゜*・:☆

…とてつもない長文になってしまいましたがあせあせ(飛び散る汗)
それだけ堪能したということでるんるん早くも次の観劇日が待ち遠しいワタシ黒ハート

ここまで長くはならないと思いますけどあせあせ(飛び散る汗)続きはまた次回に…るんるん
posted by Search-A at 04:18| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Musical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。